クリス・グレン オフィシャルサイト

CHRIS GLENN THE BLOG

カテゴリー別アーカイブ: 甲冑の作り方

2011年06月30日

■My甲冑制作-胴 その2-

どーもどーもどーも!戦国歴史おたくのクリス・グレンです。
My甲冑制作、前回の記事からのつづき。
仮どめした胴を

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

もう一度、バラバラにして刻苧(こくそ)と漆を
塗っては乾かし、塗っては乾かし…を何度も繰り返します。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

乾かすのに、1日~1日半かかるので、その間に
胴の下につなげる「草摺(くさずり)」のパーツを作ります。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

これも胴と同じように、刻苧(こくそ)を塗って、乾かして
ペーパーで磨いて、また刻苧を塗って…の作業の繰り返し。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

こちらも乾かすのに時間がかかるので、その間に別のパーツを
作ります。次に作るのは「亀甲」です。
この「亀甲」は、直径11mmほどの六角形のパーツで、一つ一つ
鉄板から作っていきます。数は、なんと250個!

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

丸みをつけるために、スプーンをあてながら叩いていきます。
この「亀甲」は、何にに使うかというと、肩、膝、首の周りに使う
布の間に埋め込んでいきます。そうすると「布」の部分を
刀で切ったり、刺されたりしても、この鉄板でできた「亀甲」が
守ってくれるということです。
詳しくは、また今度のブログにアップします!
次回は、いよいよ胴の完成です。お楽しみに~
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年06月30日
2011年06月13日

■My甲冑制作-胴 その1-

どーもどーもどーも!戦国歴史フリークのクリス・グレンです。
ずいぶん間があいてしまいましたが
兜から、いよいよ「胴」の制作に入りますよ~。
とは言っても、甲冑師の先生に弟子入りして、甲冑を制作したのは
17年ほど前ですけどねにひひ
まずは、戦国時代の甲冑(約450年前のもの。下の写真)を
バラバラに分解して、型紙を作ります。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

上の甲冑は、
昔の日本人=身長150cm前後の人が着ていたものなので
僕が着る用に、サイズを引き延ばしました。
最初に、型紙を使って鉄板を切ります。
(写真にうつっているのは、甲冑師の先生です。若いなぁ…笑)

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

つづいて、一枚一枚のパートごとに鉄板をたたいて
形を作ります。糸をおどすための穴もあけています。
まずは仮どめして、全体の形を見ます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

左が戦国時代の甲冑、右が身長188cmの僕サイズ。
ぜんぜん、大きさが違うでしょ?
自分の体にマッチするかどうか、サイズがあっているかどうか
ちゃんとたしかめてから、鉄板の表と裏に、のりで「麻」を
貼ります。写真の手前にあるグリーンのものが、鉄板に「麻」を
はった状態。「麻」を貼る理由は、甲冑を強くするためです。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

下の写真は、鉄板の上に麻をはったものに
刻苧(こくそ)+うるしを塗った状態(黒いでしょ?)
鉄板だけの時より、厚くなり、強くなっています。
刀だけではなく、火縄銃から体を守るためにも、この作業は大切!
刻苧(こくそ)+うるしを塗ったことで、糸をおどすための穴が
小さくなってしまっているので、もう一度、ドリルで穴を大きくします。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

こんな感じに出来上がりました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

でも、これもまだ仮どめね。
形やサイズをチェックしたら、またバラバラにします!
そして、まだまだ作業はつづきますよ~。
つづきは、また次回パー
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年06月13日
2011年05月15日

■My甲冑制作-糸おどし~完成まで-

制作のつづきです。
兜の「つば」の部分に赤い漆を塗りました。
こうして中を赤く塗るのは、江戸時代の兜に多かったとのこと。
赤い反射で顔が恐く見えるということらしいです。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

兜制作から35日目。鹿革に自分の名前を書いて貼りました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

兜の中に布を縫いこみます。
つばに近い部分だけは「シカ革」です。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

外から見ると、こんな感じになります。
外に出ている布の部分は、あとで「しころ」で隠れます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

作業がしやすいように「しころ」を上からつって
糸でおどします。(写真だと、ちょっと見にくいかも)
この糸も「もえぎ色」に自分で染めました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

糸をおどす時には、長さやバランスを
しっかり見ながら作業していきます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

「しころ」と「ばち」ができました。これをこの後、鋲でとめます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

最後に、あご紐をつけ、前だてをつけます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

1994年6月8日に作り始めて、完成したのは9月15日。
(旧暦の関ヶ原の合戦の日!)トータル148.5時間かかりました。
やっと完成!!

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

僕の師匠、甲冑師の小川伸夫先生と。
つづいては、甲冑の胴を制作した時の様子をアップします!
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年05月15日
2011年05月14日

■MY甲冑制作〜漆ぬり〜

前回は、こくそ(漆に木のクズや金属を混ぜたもの)を
塗ったところまで紹介しました。こくそは、
混ぜ物が入っているので、ペイントのように
スムーズに塗るのは難しいです。
なので、塗って乾かした後、ペーパーで磨いて、
全体のデコボコをなくします。一つ一つパーツを磨いています↓

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

兜の「ばち」「しころ」全部を磨くだけで、一日かかりました。
こういう細かい仕事が、キレイに仕上がるかどうかにかかってきます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

ペーパーで磨く作業を終えた後、もう一度、こくそを塗ります。
塗るのにかかる時間は、1時間半~2時間。
塗って、乾かして、磨いて、また塗る…という作業を
7回程度繰り返します。文章に書くと、あっという間だけど、
実際にやると気が遠くなるよ(笑)

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

ここでやっと、黒い漆を塗る作業に入ります。
が!「こくそ」の時と同じように、塗って、乾かして、
磨くという作業を さらに3回繰り返します。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

やっと輝きを増して、美しい仕上がりに近づいてきました。
漆を塗るのって、やっぱり大変なことなんだね。
やっぱり日本人はスゴい! 日本の文化ってスゴいよ!

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

最後にコンパウンドを塗り、ワックスで磨きます。
ここまでに、錆び止め、こくそ、漆と、トータルで
17回塗り重ねました。
はぁ…やっと出来た…という感じ。
完成まで、あと少しです。
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年05月14日
2011年05月12日

■MY甲冑制作-錆び止め・こくそ-

兜制作のつづきです。
なんとか、兜の形になってきました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

ここで一度、全体のバランスを見ます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

バランスに問題がなければ、いったん通した仮糸をカットして、
塗りの準備に入ります。左下の写真のように「しころ」の間に
竹の棒を入れて、型くずれを防ぎます。
同時に、これがあると塗りやすいんだよ。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

まずは、錆び止めを塗ります。
錆び止めを塗ったらペーパーで磨いて、さらにもう一度、
錆び止めを塗ります。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

錆び止めが乾いたら、
漆を塗る準備として「こくそ」を塗ります。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

これが乾くまでに、1日~2日かかるので、いったん作業は終了。
あぁ~次の作業が待ち遠しい!!!!
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年05月11日

■My甲冑制作-仮糸まで-

兜制作の続きです。
銅の鋲(びょう)を使って、それぞれのパーツを留めていきます。
前のつばの部分をペンチで形作り、鉢(ばち)とつなげます。
全部で30の鋲(びょう)を使いました。けっこう大変。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

こんな感じになりました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

サイドからの画像。(つば見えますか?)

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

つづいて「しころ」と「吹返(ふきがえし)」をつくり、
バランスをチェック。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

とりあえず、仮りの糸で留めます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

何となく形が出来上がってきたので、
めちゃくちゃ嬉しかったけど
実は、ここからが大変な作業だったんです!
完成には、まだまだ時間がかかります
まだまだ続きます!
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年05月11日
2011年05月10日

■My甲冑-まずは、型どり-

兜制作の様子です。
15年前、デジカメがなかった時代なので、
写真があんまりキレイじゃなくて、スイマセン!
これから作るのは、頭形(ずなり)兜。
>>完成した兜は、コチラ
まずは、400年前のホンモノの兜をバラバラにして、型をとりました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

型をとった和紙を段ボールに貼って、型紙をつくります。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

こうして、11のパーツに分かれました。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

鉄板を切り分けます。
鉄切りばさみを使った時に、僕の手はマメだらけになりました!
痛かった~。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

型にあてはめて鉄板をたたき、鉢(ばち)の部分の形を
作っていきます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

それぞれのパーツに穴をあけ、ネジで留めていきます。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

右側がオリジナルの兜。左が、僕の作った兜。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

けっこうイイ形に仕上がったでしょ?
僕の作った方が、
イイ形だと思う(笑)

つづく…。
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年05月10日
2011年05月09日

■MY甲冑-兜制作-

僕が制作した、My甲冑の兜。

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

戦国時代の頭形(ずなり)兜です。
(スターウォーズの「ダースベイダー」は、この兜のカタチを
 参考にしているらしい…)
それぞれのパーツを鉄板を叩いて作りました。
なかなかイイ形でしょ?

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

これが、僕の「甲冑制作ノート」。すべては、ココから始まりました!

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

制作の様子…これからブログで紹介するね~アップ
リンクFacebook<クリス・グレン>
  友達リクエストOK!
  友達になって、コミュニケーション&情報交換しちゃいましょう。
リンクFacebookページ<サムライ>
 外国人&日本人に向けての【SAMURAI&JAPAN】情報発信
     &コミュニケーションを目的としたFacebookページです!

2011年05月09日
2010年05月15日

甲冑師に弟子入り。鎧兜の作り方

どーもどーもどーも!戦国&サムライ大好き、クリス・グレンです。
20代だった頃の僕。(若かったね~!!)

$ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

日本の歴史、戦国の歴史、武士道、お城、甲冑…
日本の文化の素晴らしさに感動し、いろいろなことを勉強しました。
甲冑師に弟子入りして「自分の鎧を作りたい!」と思ったのも
「日本の文化」を学びたかったから。
自分で作ることで、甲冑師の技術の素晴らしさ、日本の甲冑の機能性
サムライがどういう気持ちで甲冑を着て、たたかいにのぞんでいたのか…
そんな気持ちまで感じることができました。
僕が甲冑を着て、イベントやテレビに出るのは「コスプレしたいから」
じゃなくて、こういった素晴らしい日本の文化を感じていたいから。
同時に「変な外人」の僕が着ることで「外国人が素晴らしいって思う
日本の文化って、ひょっとしたらイイものなのかもね~。」って
日本の人に再認識して欲しいと思っているから。
だから「歴史ブーム」がきて嬉しい!
日本の文化って、やっぱり素晴らしいよ。
ということで、甲冑師に弟子入りして作った「兜」の制作のようすを
ブログに書きました。ぜひ、見てね~。
兜一つ作るのに、こんなに大変なんだよ~。
【関連記事】
■兜制作
 http://ameblo.jp/lost-samurai/entry-10391081926.html
■まずは、型どり
 http://ameblo.jp/lost-samurai/entry-10391094939.html
■仮糸まで
 http://ameblo.jp/lost-samurai/entry-10395747760.html
■錆び止め・こくそ
 http://ameblo.jp/lost-samurai/entry-10533564792.html
■漆塗り
 http://ameblo.jp/lost-samurai/entry-10533576941.html
■糸おどし~完成
 http://ameblo.jp/lost-samurai/entry-10533594245.html

2010年05月15日
1 / 11